車売却テクニック

車の画像


保証やサービスの手厚さをチェック

車買取業者を利用するときは保証内容をチェック

 車買取業者に車を売却するときは、保証内容をチェックしておきましょう。例えば、売却後にトラブルが発生した場合の責任はどうなるのか、査定後に減額されることはあるのか、などについては確認が必要です。保証を受けるためには、申込内容に嘘がないことが前提です。

 事故歴・修復歴を隠して売却し、後から発覚した場合は損害賠償を請求される可能性もあります。賠償金が発生しなくても、取引自体が無効になることはよくあります。車買取業者のWEBサイトを見ると、保証内容について詳しく記載されているはずです。小文字で小さく記載している事項は、売り手にとって特に大切なポイントなのでよくチェックしましょう。


査定を受ける前にサービス内容も調べよう

 車買取業者の査定を受ける前に、どのようなサービスが用意されているのか確認しましょう。代表的な項目には、代車用意、ローン問題解決、名義変更などがあります。大手業者ほどサービスが充実しており、無料で代車を貸出してくれるところもあります。

 通常、代車を1日借りるとなると5,000円程度はかかるため、代車が必要な方にとっては嬉しいものです。ローン残債のある車に関しては、自己名義の車よりも売却が面倒になります。

 ローン会社名義を自己名義に変えるためには、ローンをすべて完済する必要があります。大手業者はローン問題に強いため、ローン中の車を売却するなら大手の車買取額を利用しましょう。

ポイントがもらえる車一括査定サイトがお得

 中古車を売却するときは、ポイント付与される一括査定サイトがおすすめです。査定を受けるだけで、電子マネー、図書券、QUOカードなどがもらえるのです。Webの一括査定だけでポイント付与されるサイトもありますし、各社への出張査定依頼でポイント付与となる業者もあります。

 サイトの利用で注意したいのは、売却の意思があるときだけ利用することです。査定後は複数社から連絡があり、出張査定の日程調整の話になります。電子マネーや図書券などに魅力を感じて、愛車の相場を知る目的で利用する方がいますが、業者側としては売却する意思があると判断します。

キャンペーンよりも買取額を重視

 電子マネーや図書カードなどのキャンペーンはお得ですが、最も重視するべきは買取額です。キャンペーン商品の相場は500円くらいです。これに対して各社の買取額には数十万円の差が出ます。高額な車ほど査定額に差が出るのが普通です。

 相場100万円の車になると、80万円~120万円くらいの査定額にわかれるものです。売却すれば特典を付けてくれる業者は有難いですが、査定額も高いことが条件です。特典なしでも査定額が高額ならば、その業者に売却したほうがお得です。業者選びで大切なのは、特典でも業者の対応でもなく査定額です。