車査定で気を付ける事

自動車査定画像

 

査定後何社からもメールや電話など殺到し対応が面倒

 買い取り業者による一括査定は、下取りに比べると高額な買取が可能だということで人気があります。ただ、一括査定をした後に、何社からもメールや電話など殺到するので、対応が面倒だと感じる人もいるようです。

 確かに、下取りは新しい車の購入に合わせて手続きができるので大変楽なのが魅力です。もし、下取り価格とそれほど査定額が変わらないのであれば、下取りを利用するほうが良いかもしれません。しかし、少しでも高く売りたいのなら、多少の手間も覚悟する必要があります。面倒でも丁寧かつ根気強く交渉することで高額買取も可能となるのです。

 一括査定のデメリットとしてあげられることがある対応の面倒さですが、すべての買取業者に付き合う必要はありません。たとえば、5社から見積もりが届いた場合、上位2~3社に絞って交渉していきます。

 高額になっても本気で車を買い取りたいと思っている業者は電話で連絡してきますが、それほど熱心に買い取りたいと思っていない業者はメールだけで、電話をかけてくることはありません。電話連絡では、出張査定の依頼をしてきます。メールの見積もりは簡易的なものであり、最終決定ではないからです。

 出張見積もりでは、さらに買取価格がアップする可能性が高くなりますので、実質上ここから本当の車買取交渉が始まります。

詐欺まがいの業者には要注意

 車買取の事業自体は古くからおこなわれており、連日多くのお客さんが車買取を利用するというようになっています。ですがしかし、多くの人が利用していることと安全性にはあまり関係がありません。

 車業界は大金が動くことが多い業界であるため、それだけ利益目的で詐欺まがいの商売をする悪質業者も多いのです。特に最近多いのがインターネットオークションを利用した手口で、これを利用して中古車を売却した後で手続きを勧めてもらうことができなくなったり、車だけ取られてしまうというような事例が多く報告されています。

 車を買い取ってもらうのであれば信用できる業者を選ぶようにしましょう。

 では車を査定してもらう際に見られる詐欺まがいの手口としてはどういったものがあるのかというと、最も多いのが「すぐに名義変更をしてもらえるなら高く買い取ります」というような言葉から始まるものです。

 この言葉に騙されてしまってすぐに名義変更を始めたところ、車だけを持っていかれていつまでも振り込みがない、そして代金も振り込まれないというようなことが多々あります。しかも車買取で厄介なのが、取られた自動車が既に転売されているケースが多いということです。

 こうなると非常に話がこじれてしまい、車を取り返すこともできなくなるリスクが高いのですから、甘い言葉に騙されないような注意がけが必要です。